家計管理

食費の平均はいくら?統計平均と我が家実績&独自アンケート調査結果

さくらです。

家計管理に目覚めると一番最初に気になるのが食費ではないでしょうか。生きていく上で欠かせない毎日の食事。みんながどのくらい食費にお金をかけているか気になりますよね。

総務省2018年統計・我が家の2019年実績・独自ネットアンケートの3つの切り口で食費の平均について調査してみました!

食費の平均がいくらぐらいなのか気になる方!自分の家計の食費は適切なのかどうか知りたい方!ぜひご覧になって家計管理の参考にして下さいね。

食費の平均:総務省統計局「家計調査年報」ベース

総務省統計局が毎年出している「家計調査年報」という資料があります。

2018年度版の家計調査年報から単身世帯・二人以上世帯・総世帯の消費支出の月平均額と食料費目の月平均額を抜き出し、消費支出全体のうち食料費目の占める割合(エンゲル係数)を計算して表にしました。

総務省統計2018(食費)

ちなみに外食費も食費の内に含まれています。

一人暮らしの食費平均と二人世帯以上の食費平均、詳しく内容をみていきましょう。

食費の平均:一人暮らしの場合

単身世帯(一人暮らし)の場合、食料費目(食費)の月平均額は約4.5万円です。

1日あたり1,469円、1食あたり490円の計算です。

個人的な感想としては、平均にしては思ったよりも安いんだなという印象。一人暮らしだと自炊せず外食で済ますことも多くなりそうだし、三食食べずに食事を抜くことがあったとしても、平均すれば1食あたり500円は超えてもおかしくないと思います。

お菓子やジュース、酒などの嗜好品を買うようなことがあれば、純粋な食事1回あたりの金額は490円よりもさらに安いということになります。

考えられるのは、パンやカップ麺などで安くあげているパターン。自分も学生の頃は食費を浮かせるため菓子パン1個で食事を済ませていることがあったなぁ…。

もしくは意外にも自炊派の人が多い可能性。基本的にスーパーで買い物をして高い外食をほとんどしないようにしていれば、3万円~4.5万円に抑えることは難しくないでしょう。

食費の平均:二人以上世帯の場合

二人以上世帯の場合、食料費目(食費)の月平均額は約8万円です。

二人以上世帯ってまた範囲が広いですよね(笑)要するに「一人暮らしをしている人以外みんな」ってことなので。

仮にすべてが最少人数の二人世帯だったとして、一人あたり39,674円。1日ひとりあたり1,322円、一食ひとりあたり441円。

アンケートの回答者がすべて二人世帯というわけではないので、三人・四人・五人、それ以上の人数の世帯もあるはず。つまり、一食ひとりあたりは441円よりももっと安いという計算になります。

ただし子どもの人数が多いと、ひとりあたりの食費は安くなって当たり前です。特に未就学児くらいまでの小さな子どもは大人の半分も食べなかったりするので。高齢者も働き盛りの世代と比べると食費は安くなる傾向にあります。

さらに人数が増えるほどまとめ買いで安く食材を手に入れることも可能になります。

色々な世帯人数や家族構成を「二人以上世帯」で括っているので何とも言えませんが、まあ妥当なところなのかな~?という印象です。

食費の平均:我が家の2019年実績ベース

我が家の2019年実績ベースだと、食費の月平均は約7万円でした。総務省統計局データの二人世帯以上の平均と並べてみます。

さくら2019年エンゲル係数

日本人のエンゲル係数は平均で25%前後なので、我が家はかなり高めです。「食費の節約はせずに固定費を削りまくる」という家計方針が消費支出全体を押し下げているので、食費の割合が多くなっています。

うちは三人世帯なので、1日ひとりあたり775円、一食ひとりあたり258円。

一見するとずいぶん安いですが、娘分の食費は実質0円に近いです。平日は保育園で昼食を食べてきますし、それ以外の食事も夫婦二人分を気持ち多めに用意して、その中から娘に取り分けるような形だからです。

夫婦二人で計算すると、1ヵ月ひとりあたり34,899円、1日ひとりあたり1,163円、一食ひとりあたり387円。一応平均よりは食費安いですね。

本当に食費に関しては何もがまんしてないんですけどね。外食も良くするし、お肉が好きなのでお家で100g千円前後の牛肉でステーキやすき焼きを楽しむことも。スイーツも良く買いますし。

夫婦で晩酌の習慣がないことと、ふるさと納税で普段づかい用の肉や食料品を調達していることが食費の節約になっています。

食費の平均:独自ネットアンケートベース

総務省の統計と我が家の実績だけだとつまらないので、独自にネット上でアンケートを取ってみました。

質問:あなたの家計の食費(外食費含む)はひとりあたりに換算すると月平均金額はどのくらいですか。

↓アンケート結果をグラフにしました↓

家計についてネットアンケート結果グラフ

食費の月平均はひとりあたり1.5万円~3万円未満が一番多く、60%と過半数を占めています。ついで1.5万円未満が32%、3万円~4.5万円が7%、4.5万円以上が1%と続きました。

食費節約の達人がたくさんですね。食費1.5万円未満=一食平均167円のツワモノが32%も…!一緒に節約のコツについても質問してみたので、別記事で紹介します。

食費の月平均金額の目標設定方法

総務省2018年統計・我が家の2019年実績・独自ネットアンケートの3つの切り口で食費の平均について調査してみました。

みんなの平均はわかったけど、自分の食費の月平均金額はいくらくらいを目標にしたらいいんだろう?

食費は世帯人数や家族構成、住んでいる地域の物価に左右されるので、平均金額はあくまでも参考値にしかなりませんよね。

そこでおすすめなのが、一食&一人単位の食費の目標金額を決めてから世帯全体の金額を計算してみる方法。

例えば夫婦二人世帯で「一食ひとりあたり350円ならやりくりできそう!」と思ったら350円×3食×30日×2人=6.3万円を目標にしよう!という感じです。

目標を立てたらそれで終わりにせず、家計簿をつけていない人は3か月だけでもいいのでやってみて、目標達成するためにはどうしたらいいか方法を考えると良いですよ。

簡単家計簿
簡単!家計簿を月15分で終わらす方法を教えるよ 家計簿が面倒くさい・続かないと悩んでいる方に朗報ー! 家計簿アプリ「マネーフォワードME」と「楽天カード」の合わせ技を使えば、なん...

家計全体で節約すればOKなので、無理に食費を安くする必要はないかもしれませんよ。

貯金できないを卒業!年150万円貯める主婦の家計見直しチェックリスト あなたの「貯金できない」を卒業させます お金の調教師・さくらです。 全然貯金ができない!家計の見直しって何からやったらいいの?と...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA