さくらのお気に入り

3・4ヶ月の娘がにこにこ♪おすすめ絵本『しましまぐるぐる』(柏原晃夫)

ぶちみです。

私自身子どもの頃から本を読むのが好きだったのもあり、同じように本を読むのが好きな子になって欲しくて娘がおなかの中にいるときから絵本の読み聞かせをしていました。

いざ娘が生まれてみると、最初の1~2ヶ月は怒濤のように過ぎていき、正直絵本を読んであげる余裕もなく^^;

3ヶ月頃から少し育児に慣れてきたので、念願の絵本読み聞かせをスタートしました☆

『いないいないばあ』、『ぐりとぐら』など定番の絵本を読んでみたものの、やっぱり娘にはまだ早過ぎたようで特に反応もなく、しまいには泣き出してしまう始末。

改めて3~4ヶ月頃の赤ちゃん向きの絵本を探したところ、『しましまぐるぐる』という本を発見。これが娘にスマッシュヒットで、今では一番のお気に入りになりました!

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

新品価格
¥950から
(2018/9/17 08:36時点)

アマゾン>>『しましまぐるぐる』
楽天>>『しましまぐるぐる』

全体的に大人にとってはかなりどぎつい配色の絵本なんですが、この鮮やかなコントラストの強いイラストが赤ちゃんの興味を引くのだそうです。

半信半疑で娘に読んであげると、あんなに絵本に見向きもしなかった娘がじっとイラストを見つめてくれて感動!最初は不思議そうに眺めているだけでしたが、毎日繰り返して読むうちに絵柄に指を指すようになったり、絵本を見せるとにこにこ笑うようになったり。読み聞かせのしがいがあります♪

中身はひたすら「しましま」したものと「ぐるぐる」したものが出てくる感じ。ちなみに娘のお気に入りはうしろから2ページ目のカラフルしましまとねこちゃんのページ。ねこちゃんをなでなでしたり、しましまをなぞったりして上手に楽しんでいます。

文章もほぼ「しましま・ぐるぐる」だけで、読んでいる親も正直ラクで助かってます(笑)読み聞かせって意外と疲れますもんね^^;母側としても読み聞かせは初心者なわけですし。単純な単語ですけど、テンションを上げて抑揚をつけて読むとリズムが良いので娘もご機嫌です。

絵本の大きさが縦横約15cmくらいで小さめで、3ヶ月~4ヶ月くらいの小さな赤ちゃんにちょうどいいサイズなのと、各ページのつくりがハードでしっかりしているので娘がしゃぶろうが叩こうがびくともしないのも良い。お気に入りのページを開いて壁に立てかけておくと、ひとりで眺めつつ「あ~あ~♪」と楽しそうにおしゃべりしています。価格も税抜880円でかなりお手頃。

アマゾンでレビュー見てると生後1ヶ月とか2ヶ月の赤ちゃんも反応したとの声が。(『しましまぐるぐる』アマゾンレビュー)絵本の読み聞かせ最初の1冊には最適だと思います。

5ヶ月になった今でも娘の一番お気に入りの1冊なので、長時間のおでかけのときには必ず持って行ってます^^絵本選びで迷っているママがいらっしゃたら、図書館で借りて試してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA