家計管理

お金が貯まらない主婦へおすすめの本「お金が勝手に貯まってしまう最高の家計」

我が家の家計管理は、完全に私に任されている。おかげさまで我が家の家計はプラス収支、右肩上がりだ。収入はごくごく普通のサラリーマン一般家庭という感じだが、順調にお金を貯めることができている。

家計管理の仕方は家庭によって様々だが、我が家と同じように妻が任されるという場合が多いように思う。でも、家計管理って何も知識がなければ結構難しい。「なかなかお金が貯まらない」と悩んでいる主婦は多いのではないだろうか。

私もお金のことはさっぱりだったので、結婚を機に家計管理やお金に関する本を読み漁って勉強を始めた。そして最近ついに「これは!」という本を見つけた。今まで読んだ家計の本の中で、一番私の腑に落ちた本だ。なので我が家の今後の家計は、この本を参考にして計画している。

岩崎淳子さんの「お金が勝手に貯まってしまう最高の家計」という本だ。

楽天>>お金が勝手に貯まってしまう最高の家計

「お金が貯まらない」と家計に悩んでいる主婦(主夫)におすすめの本

この本は「お金が貯まらない」と家計に悩んでいる主婦(主夫)に一度読んでみて欲しい。特に若い夫婦には本当に参考になると思う。「お金が貯まらない」と悶々と悩んでいたのが、やるべきことがハッキリ見えてきてウキウキしてくるはず。

最初に言っておくが、「家計簿のつけ方」とか「節約術」とかそういう本ではない。もっと根本的な、「お金が貯まる体質」に家計のしくみを変える方法を具体的に教えてくれる本だ。お金を貯めるための細かいテクニックを学ぶのは、この本を読んだ後でいい。

文章が世帯持ち向けに書かれているけど、一人暮らしの人でも参考にできる部分は大いにある。私も社会人なりたての頃にこの本があったら良かったのになぁと思う。

この本に書いてあることを知っているのといないのとでは、生涯で手にするお金の金額がガラッと変わってくる。そんな良書だ。

預金しか頭にない人は目からウロコ。投資の必要性についてわかりやすく解説

これまで銀行で普通預金や定期預金しかしたことない人は、目からウロコが落ちるはずだ。

この本のほとんどは、投資の必要性について解説するのに大部分を割いている。なので、すでに投資の必要性やどんな金融商品でどういう風に運用していけばいいか自分なりの答えを見つけている人には、当たり前過ぎる内容で正直参考にならない。

「元本保証の銀行預金が安心」

「投資なんてギャンブルみたいで不安」

そう思っている人にこそ是非読んでみて欲しい。銀行預金に潜むリスクに気が付けば、今すぐ投資にチャレンジしてみたくなることだろう。「NISA」や「つみたてNISA」で税金優遇し、国が投資を推進している今が始めどきだ。

結論から言うと、この本ですすめられているのはインデックス型の投資信託だ。おすすめの銘柄例から、自分で選ぶ場合の銘柄の探し方についても教えてくれているので、投資初心者には参考になるに違いない。

本当に必要な保険とは?迷いがちな問題に一つの答えをくれる

家計管理で必ずと言っていいほどぶつかるのが「保険」問題。

世の中には沢山の保険商品がある。これから保険に入ることを検討している人は「自分にはどんな保険が必要なのか」なかなか分からないだろうし、すでに保険に入っていても「本当にこの保険でいいのか」迷いがある人も少なくはないだろう。

毎月支払う金額はそれほど大きくはなくても、最終的に支払う金額は膨大。家や車を買うのと同じくらい、保険はよく検討して決めるべきだ。

この本は、本当に必要な保険とは何か一つの答えをくれている。保険のことで悩んでいる人も、一度読んでみると良い。

>>「保険いらない派」の私が唯一選んだ生命保険とその理由

家計をお金が貯まる体質に改造するための教科書的な本

私はこの本を家計管理の教科書として、何度も繰り返し読んでいる。

旦那にも本の内容とともに我が家の家計管理の方針について説明し、賛成してもらうことができた。

一言で言えば、「ごくごく一般的なサラリーマン家庭の家計を、お金が貯まる体質に改造してくれる本」だ。

「働かなくても不労所得で暮らしていける!」とかそんな胡散臭いものではなく、「きちんと働きながら、将来豊かに暮らしていくためのお金を最小限の労力で手に入れよう!」という非常に現実的な内容だ。

家計管理に悩んでいる人の最初の一冊として、自信を持っておすすめする。

お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計 [ 岩崎 淳子 ]

価格:1,620円
(2018/5/7 17:24時点)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA