家計管理

娯楽費の節約アイディア!旅行の宿泊代や飛行機代を安く抑える方法

年に数回は泊まりがけの旅行に出かけているという人は結構いるのではないでしょうか。

我が家も年に2回ほど、家族で温泉宿への1泊旅行を楽しんでいます。ただ泊まりがけの旅行はかなりの出費ですよね。子どもさんのいる家庭ならなおさらでしょう。

お金がかかるということは、逆に言えば節約効果も高いということです。宿泊代や飛行機代を安く抑えれば、我慢せず上手に娯楽費を節約することができますよ。

祝日や連休を避けてプランニングしよう

祝日や連休は出かける人が多いので宿泊代も飛行機代も高騰しがちです。

可能であれば、泊まりがけの旅行のときには平日を狙ってプランニングをしてみましょう。

渋滞にも巻き込まれにくいですし、公共交通機関やレジャー施設も空いていて一石二鳥!

早期予約で早割をゲットしよう

宿泊代も飛行機代も早期予約で割り引きになるケースが多いです。

旅行希望日の3ヵ月~1ヵ月前くらいから計画的にホテルや航空券の手配を進めるようにしましょう。

家族旅行であれば「毎年○月に旅行に行く!」と決めてしまうのも、家族の楽しみにもなるし、早期予約もしやすくて良いですね。

価格比較サイトを有効活用しよう

宿泊代も飛行機代も、価格比較サイトを有効活用することで大幅に節約が可能です。

普通に予約したときと価格比較サイトの最安値で予約したときでは数千円単位で金額が違うこともよくあります。

価格比較サイトを使う前はかなり損していたんだな・・・とショックでした^^;

宿泊予約と飛行機予約でそれぞれおすすめの比較サイトを紹介します。試しに一度除いてみてください!予約サイトによって本当に金額が全然違うので驚きますよ。

「トリバゴ」で宿泊代を節約

>>トリバゴ

CMで有名なホテルの検索・価格比較サイトです。

サイトデザインがシンプルで、比較サイトが初めてでも操作しやすい!ネット上の口コミやホテルの写真も拾ってきてひとまとめにしてあるのでとても参考になります。

「さくらトラベル」で飛行機代を節約




>>さくらトラベル

国内航空会社をすべて網羅しているので、簡単に一番安い飛行機を予約することができます。

国内旅行で遠方へ行くときに重宝しますよ!

おまけ:キャンセル料が発生したときの節約法

せっかく予定していた楽しい旅行も、家族の誰かが体調不良になったりしてキャンセルせざるを得ないときがありますよね。特に小さい子どもさんがいる家庭では急な発熱などはよくあること。

旅行に行けなくなって悲しいのに、キャンセル料まで取られることがあって二重でしょぼん。そんなときの強い味方、なんと泊まれなくなったホテルの予約売買サービスが存在します。

>>Cansell(キャンセル)

「ホテル予約の売買」は日本初のサービスだそうです。必ずお金を受け取れる「買取」と高い金額で販売できる「出品」から選んで、ホテル予約を売ることができます。しかも申請は無料。

これでキャンセル料を少しでも抑えることができます!

上手な節約でお得に旅行を楽しもう

娯楽費を削るために楽しみを我慢することはおすすめしません。どうせなら上手に節約をして、旅行を楽しみませんか?^^

【旅行代を上手に節約する方法まとめ】
・祝日や連休を避けてプランニングする
・ホテルや飛行機はなるべく早く手配する(3ヵ月~1ヵ月前)
・価格比較サイトを活用する(トリバゴ、さくらトラベル)

ぶちみ
ぶちみ
私も娘がもう少し大きくなったら、家族で沖縄旅行に行こうと貯金してます♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA