さくらのダイエット日記

ドクターズダイエットで2ヶ月ー7.4kg痩せ大成功!産後ダイエットまとめ

ぶちみです。

6月12日から2ヶ月間、61kg→53kgという目標に向け頑張ってきた産後ダイエット。

8月10日でちょうど2ヶ月を迎えたのですが、おかげさまで53.6kg(-7.4kg減量)することができました!!

やったー!!本当に嬉しい~~♪♪♪^^

7kg以上も痩せるとさすがに別人です。あらゆる洋服が全部ゆるゆる(笑)自分でも痩せたなぁと思いますが、旦那はもちろんのこと、両親や友達などいろんな人から「痩せたね」と言われてとっても嬉しかったです。体もウソみたいに軽いです。

目標の53kgにはあと少し届きませんでしたが、達成するのも時間の問題。この2ヶ月間で、痩せるためにはどうしたらいいか、ダイエット生活のノウハウがばっちり自分のものになり自信がつきました。

世の中にはいろいろなダイエット法があふれていますが、私が実践したのは【ドクターズダイエット】というダイエット。管理栄養士をはじめとする専門家チームがスマホアプリを通して日々ダイエット指導をしてくれるパーソナルダイエットの一種です。

以下にドクターズダイエットのキャンペーンページへのリンクを貼ります。こちらから申込みすると割引がきいて20,000円オフになります。興味がある方はのぞいて見て下さい。

**

【↓ドクターズダイエットキャンペーンページへのリンク↓】
>>オンラインダイエットプログラム【Doctor’s Diet】

**

正直、この2ヶ月間ひとりではここまで大量減量できなかったと思うし、まず途中で挫折していた自信があります(笑)

プログラム料金は決して安くはありません。キャンペーン割引を使って2ヶ月で59,600円です。それでも自己流ダイエットがうまくいかなくて悩んでいる方には本当におすすめです。

イメージとしてはライザップなどのパーソナルジムで行う指導と似たような感じですが、ドクターズダイエットはライザップほど知名度が高くないのでどんなことやるのか気になる方もいると思います。

そこで今回は2ヶ月間の私のダイエット生活で意識したことを振返りながら、ドクターズダイエットはどんな感じで進んでいくのかをレビューしていきたいと思います。

かなり詳しく書くので長くなってしまいますが、興味のある方は最後までおつきあいいただけると嬉しいです!^^

Before&After写真と2ヶ月間の体重推移グラフ

始めに私のBefore&After写真と2ヶ月間の体重推移グラフをのせます。

Before&After写真

まずはBefore&After写真から。

こんな感じです。

正面より横向きの写真の方がわかりやすいと思うのですが、一番痩せたのはおなかです。産後なのもありぽっこりとしていたおなかが完全にへっこみました。

あと顔出しできずに申し訳ないのですが、顔がめちゃくちゃスッキリ痩せました。痩せたことに気づいてくれた人からは、大概「顔が全然違う、スッキリした」と言われます。

写真ではわかりづらいですが、他の部分もまんべんなくサイズダウンしました。ダイエット開始前はパツパツだったズボンやシャツがすっかりゆるくなりました。

それから姿勢も良くなりました。写真を見てもらうと猫背が改善し、胸の位置が上がっていることが分かると思います。体幹を鍛える運動や、猫背解消の体操をドクターズダイエットで教えてもらったのですが、そのおかげだと思います。

2ヶ月間の体重推移グラフ

次に2ヶ月間の体重推移。

生理周期に伴い一時的に増量することもありましたが、基本的にはゆるやかな右肩下がりで推移していきました。

2ヶ月目の半ばくらい、56.5kg付近で15日間ほど完全に停滞。このときは本当に心折れそうでしたが、ドクターズダイエットのサポートに励ましてもらって何とか乗り越えました。停滞期を抜けると、一気に体重が減り始めました。停滞期は2ヶ月間でこの1回だけです。

最後の方でかなりガクッと体重減ってますが、これは意図的に自分でベジタブルファスティングや酵素ドリンクファスティングを頻回で決行したためです。追い込みということで、そこそこ無茶をしてます(笑)

でも2ヶ月かけて食べる量を少しずつ減らして定着させてきたので、酵素ドリンクファスティングもそんなにきつくなかったです。なんならもう1日くらいいけそうな余裕がありました(笑)痩せる食生活をしっかり身につけられたのはかなり大きな収穫です。

ダイエット生活の中で私が気をつけていたこと

2ヶ月間のダイエット中、私の中で特に意識して気をつけていたことを8つ紹介します。ドクターズダイエットのサポートから指示されたことをベースに、自分が実行しやすいように落とし込んでいった結果、この8つに集約されました。

これらはドクターズダイエットのサポートが終わったこれからも続けていきます。

1.主食(糖質)は基本的に昼食のみ

主食(糖質)は基本的に昼食でしか取らなくなりました。ゆっくり慣らしていけば意外と全然平気です。主食を昼食のみにする理由は以下の通り。

・朝食・・・前回の食事からかなり時間が空いおり、食べたものを吸収しやすい&血糖値が上がりやすいため
・夕食・・・夜は活動量が減り余分なエネルギーを蓄積しやすいため

ドクターズダイエットを始める前は、朝食は特に糖質ばっかり取ってました。フルーツグラノーラとか果物とかヨーグルトとかトーストとかカロリーメイトとか。

基本は昼食だけ主食(糖質)を食べるようにしますが、もし朝食・夕食で食べたくなったら我慢せずに食べてます。ストレスをためるとドカ食いのもとになるし、体が求めているときは食べた方が良いと思うので。その代わり次のような条件つきです。

・朝食で主食を食べたいとき・・・先に大量の野菜を食べる!こうすると血糖値が上がりにくくなるので太りにくいです。
・夕食で主食を食べたいとき・・・18時前に済ますこと、食後に軽い運動をすることを心がける!とにかく寝るときに余分なエネルギーを残さず使い切るイメージで。

余談ですが、いけそうなときは昼食の主食も抜くとかなり体重が減りやすくなることを発見しました。ただし連日毎食主食抜きを続けると今度は糖質不足になってしまうのでやり過ぎないようにしています。

2.毎食野菜とタンパク質1品を食べる

毎食野菜を食べます。それも一番最初に。おなかが空いているときは、なるべく野菜のおかずを増やすようにしました。

野菜はカロリーが低いから、というよりは食物繊維やビタミンなどの栄養補給の意味が大きいです。ウソみたいだけど、毎食野菜を食べると少量の食事でもおなかが空きにくくなり、ドカ食いしたい衝動に駆られなくなりました。

野菜料理を作るのが面倒なときは、ミニトマトをつまむ、きゅうりをかじる、アボカド刺しを食べるとかで済ませてます。The・ズボラ。

それからタンパク質のおかずも1品食べるようにしています。タンパク質はご存じの通り筋肉や内臓、髪などの体をつくるために必要な栄養素です。

ダイエット的に推奨されるタンパク質の種類は「豆類>魚介類>動物のお肉」という順番のようです。ちなみに私がよく食べていたのは納豆や豆腐、豆乳、鯖缶。

ときどきプロテインを取っていたところ、ドクターズダイエットの管理栄養士さんからは、「たんぱく質の摂り過ぎは太る原因にもなる」とのことで注意を受けました。が、自分では摂り過ぎだと感じなかったので今も間食や食事でプロテイン飲んでいます。頑固者(笑)

厚生労働省の日本人の食事摂取基準によれば、私の場合1日あたり40~50gのたんぱく質量が丁度良いみたいなので、大体この前後の量になるよう意識しています。

3.欠食はしない

この2ヶ月間で身にしみてわかったのですが、私の場合欠食すると100%太ります。

特に朝食は欠食しがちだったんですが、今は食欲がないときも何かしらを食べています。無糖の豆乳ラテやソイジョイクリスピー、ミニトマトが多いです。

4.間食は糖質10g以下に抑える

ドクターズダイエットから間食は「糖質10g以下のものを1つまで」と指導されたので、基本的にはそのまま守っています。でもたまに2つ食べることもあります。それどころかチーズケーキやチョコレートケーキを食べることも(笑)。カロリーは気にしていません。

今は糖質オフのおやつもたくさんあるので、糖質10g以下って意外にいろいろ食べられます。甘い物も。

関連記事>>低糖質パン・スイーツって意外と美味しい♪シュークリームの味に感動・・・!

確かに糖質10g以下を守っていると太らないです。ストレスがたまらないので大変ありがたいです。

5.毎日水を2L以上飲む

水は2L以上飲んだ方がむくみにくくなる&痩せやすくなるそうです。

ノンカロリーならなんでも良いのかと思いきや、お茶や紅茶やコーヒーよりも水が良いんだそう。水が一番体に吸収されやすいからだそうです。さらに冷たい水より常温の水、常温の水よりもお白湯だとより良い。

私は基本的に常温の水を飲むようにして、間食の感覚で無糖のコーヒーや紅茶をいただいていました。あとは減量加速させたいときのみ、お白湯。

今までダイエット中に水の量は意識したことがなかったので目からウロコでした。

6.湯船につかる

お風呂はシャワーではなく、湯船につかるようにしています。

汗をかいて水分を排出することでむくみにくくなる、体温があがることで代謝が上がる効果が期待できるそうです。

生理前のむくみ期は特に、なるべく湯船につかって汗を流すように心がけていました。汗が出始めてから5分くらいつかると効果的だそうです。脚のもみほぐしができるとなお良し。

湯船の中で本を読んだりスマホを見たりしていると、意外と30~60分くらいあっという間です。

7.運動はできる範囲で好きなことを楽しんでやる

運動は以下のようなことをするのが多かったです。

・ドクターズダイエットの10分エクササイズ動画
・スクワット
・プランク
・ウォーキング20~60分
・ステッパー(踏み台昇降)15分

産後だったこともあり、あんまり激しい運動はしていません。体調が悪かったり時間がなかったりでやらなかった日も結構ありました。

私の中で運動は「できればベスト、できなくても大きな影響はない」という認識です。ダイエットにおいて、運動よりも食事の影響の方が圧倒的に大きいと個人的には思います。なので、とりあえず食事さえきちんと管理できていればとりあえず合格、みたいな。

その代わり食べ過ぎたときや痩せ期は意識して運動を取り入れていました。

減量するだけなら、とりあえず運動はできる範囲で好きなことを楽しんでできればOKなのかなと思います。筋肉つけたいとか、部分的に引き締めたいとかだったら別ですが。

筋トレっぽいメニューはスクワットやプランクといった簡単なものしかしていませんが、それでも実感として筋力がついた感じはあります。

8.体重を朝晩の1日2回測る

今までダイエット中でさえ体重は1日1回しか測ったことがなかったのですが、ドクターズダイエットを始めて以来、朝晩の2回測る習慣が身につきました。

私は起床後と就寝前に測っています。単純に2回測るだけですが、メリットがたくさんあることを実感したので今後も続けていきます。

ドクターズダイエットのプログラム内容について

次にドクターズダイエットのプログラム内容について詳しく紹介します。

ダイエットサポート期間は2ヶ月間。目標に応じてオーダーメイドのダイエット計画を作成してくれる

ドクターズダイエットのサポート期間は2ヶ月間です。

2ヶ月間で何kg痩せたいか好きな目標を立てることができます。その目標に応じて、ドクターズダイエットのサポートチームがオーダーメイドのダイエット計画を作成してくれます。

もちろん目標が高いほど計画は厳しいものになるので注意です(笑)私は2ヶ月間でマイナス7kgを掲げましたが、このくらいであればそこまで無理することもなく減量可能なようです。実際、私も2ヶ月でぎりぎり7kgは落とすことができました。ダイエット開始前に1kg増えなければ、53kg達成できてたのになぁ(涙)

このダイエット計画作成のため、プログラム申込みが終わったら診断テストを受ける必要があります。診断テスト完了後、翌月曜日にダイエット計画が送られてきて、翌日の火曜日からプログラム1日目がスタートとなります。

詳しい流れについては「ドクターズダイエット3日間無料お試し体験レビュー」の記事に書いていますので参考にしてみてください。

ちなみに2ヶ月間のサポートが終わった後、「ドクターズダイエットをもう少し続けたい」と思ったときには延長料金を支払って継続することも可能です。延長の案内は、2ヶ月間のサポートが終わる直前に担当者からチャットで連絡がきます。

毎日の体重&食事内容&タスク報告が基本

体重、食事内容、タスク進捗(和食を食べるなど、その人に合ったタスクを10個用意される)の3つをアプリで毎日報告するのがプログラムの基本になります。

翌日、報告内容を受け、ドクターズダイエットサポートからアドバイスが送られてくるので、それを見ながら生活改善を繰り返していきます。

アドバイスの送信者は担当の管理栄養士のことが多いですが、内容によっては理学療法士やトレーナーから送られてくることもあります。

こちらからの質問や要望もチャットでいつでも受け付けてくれます。

私は質問だけでなく、「このタスクは自分にとってストレスなのでやりたくありません」とか「トマトジュースと無調整豆乳は飲めません」とか、いろいろあれは嫌だこれは嫌だと言っていました(笑)が、都度タスク内容を変更したり代替品を教えてくれたりして快く対応してくれました。

自分に合ったやり方を提案してくれるのがパーソナル指導のありがたいところですね。

食事指導はゆるめの糖質制限

食事指導は「ゆるめの糖質制限」な感じでした。

カロリーのことは一切言われません。その代わり、糖質については自然と制限されるような内容のアドバイスをいろいろ受けました。

「1日の糖質は○gまで」というような指導ではなく、「18時以降は糖質を取らない」とか「朝食の主食は控えめに」とか「野菜から食べ始める」とか「野菜は根菜類を避ける」とか。そういう感じです。

ただし間食については「糖質10g以下に抑える」と明確に数字で提示されていました。

「食事>運動」な指導内容

指導内容は運動よりも食事の方に重きを置いている印象を受けました。

もちろん運動系のタスクもあるのですが、そんなにきつい内容ではないし、体調不良などでできないときはムリせず休んだりしていましたが特に怒られることもありませんでした。

がっつりとしたトレーニングというよりかは、日常の中で無理なく習慣づけられる運動を推奨される感じです。「トイレに行くたびにこの体操を30回する」、とか。

なので運動が苦手な方でも安心して取り組めます。希望すれば、運動は一切ナシで食事のみのメニューも提案してもらえるようです。逆にがっつり運動やトレーニングをしたい人には物足りないかもしれません。

数あるダイエットエクササイズや体操、トレーニングメニューの中でも、サポートが特に推奨していたのが「スクワット」でした。スクワットは1回やるだけでもダイエット効果が得られておすすめとのこと。お風呂がたまるのを待っている間や、娘を抱いてあやすときに無理のない範囲でちょっとずつやるようにしています。

土日祝はチャットの返信はお休み

ジムや他のオンラインパーソナルトレーニングと違い、毎日専門家とやりとりしてタイムリーな指導を受けられるのがドクターズダイエットの良いところ。

ただし土日祝はサポートチームもお休みなのでチャットの返信はありません。毎日の報告や質問の受付は土日祝も行っています。

土日祝に送った分は、週明けにまとめて対応してもらうことになります。

ドクターズダイエットをおすすめできる人とできない人

2ヶ月間ドクターズダイエットをやってみて、7.4kgも痩せることができた&痩せる生活習慣を身につけることができたので、思い切って申し込んでみて本当に良かったです!

私にはどんぴしゃで合っていたダイエット法だったけど、もちろん合わない人も中にはいると思います。実際2ヶ月間ドクターズダイエットを実際にやってみて、次のような人にはおすすめできないと思いました。

ドクターズダイエットをおすすめできない人

・とにかくお金をかけたくない
・スマホを持っていない、スマホ操作が苦手
・自力で食事&運動管理できる
・がっつり運動や筋トレをしたい
・どんな形であれ少しの食事制限もしたくない
・カロリー制限ダイエットでないと嫌だ
・対面でサポートを受けたい
・期間を決めずゆっくりマイペースで減量したい

反対に次のような人には向いていると思うのでおすすめです。

ドクターズダイエットをおすすめできる人

・多少お金をかけてでも痩せたい
・スマホを持っていて操作も苦にならない
・自己流でダイエットしているけど痩せない
・パーソナルダイエットに興味がある
・監視されないとついついダイエットをサボってしまう
・運動が苦手で食事メインのダイエットをしたい
・時間がなくジムに通えない
・産後で外に出られない
・短期間集中でしっかり体重を落としたい
・痩せる生活習慣を身につけたい
・ほめられて伸びるタイプの人

安くはないお金がかかるのが一番のネックだとは思うんですが、逆にお金がかかっているので2ヶ月間真剣にダイエットに取り組むことができて私の場合良かったのかも。

クレジット決済で申込みをすれば、3日間は無料でプログラムの体験をすることもできます。私も3日間無料お試しをしてから、継続を決めました。気になる方はぜひ挑戦してみてはどうでしょうか。

参考まで、無料体験のレビューも書いています。>>ドクターズダイエット3日間無料お試し体験レビュー

2ヶ月間のダイエットの詳細な経過は、10日ごとに振返り記事を書いています。

産後ダイエット10日目の記録
産後ダイエット20日目の記録
産後ダイエット30日目の記録
産後ダイエット40日目の記録
産後ダイエット50日目の記録

今後もダイエットは継続していきます!最終的には48kgくらいを目指せたらいいなと思っています。Twitterで毎日食べたものの記録をつぶやいていますので、フォローしていただけると嬉しいです。

https://twitter.com/buchimilog

ふぅ~本当に長くなった(笑)

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA